夜のホーチミンを散歩

東南アジア旅行に来たら、忘れないでほしいのが「夜の時間」です。

ベトナムを含む東南アジアの日中の気温は非常に高く、ホーチミンは常夏の気候となります。
特に4月、5月は猛暑が続き、気温は40度に達します。

しかし、夜になると気温も落ち着きはじめ、外出に適した気温となります。
現地人も同じように、日中は屋内で過ごし、外出は夜からです。

夜の町をシクロで散策

IMG_0813夜の町を、人力車のシクロで散歩するプランはいかがでしょうか。

シクロは主にドンコイ通り周辺、デタム通り、ベンタイン市場周辺にあります。
料金を交渉後、シクロの旅に出かけましょう。

ゆっくりと走るシクロに乗って見る風景は、異国情緒抜群です。
ただし、高値を言ってくるシクロも多々ありますので、料金の交渉はしっかりとおこなってください。

ナイトマーケット

IMG_8415ベンタイン市場の周辺は毎夜およそ19時半頃から屋台が並ぶようになります。

服飾雑貨や置物、チープ雑貨をはじめ、ベトナム料理、シーフードを堪能できる食堂も多数出ます。

ほぼ外国人旅行客なので、値段は少々高めですが、異国の雰囲気を堪能できるので、滞在中一度は足を運んでほしいスポットです。

ドンコイ通りを散歩

IMG_0779日本人旅行客のメインストリートとなるドンコイ通り。
夜はお洒落なカフェやレストランがライトアップされ、さらに煌びやかとなります。

お店はだいたい22時から23時頃までやっています。夜のドンコイを歩き、明かりに釣られてカフェや雑貨ショップに入ってみるのもいいでしょう。

あてもなく歩いていても、何かしらの嬉しい発見があるのがドンコイ通りの魅力です。
また、おすすめスポットは何も通り沿いだけではありません。

この界隈には、多数の5つ星ホテルが点在していますので、ホテル内のレストラン、カフェ、バー、クラブなどを利用するのも有意義な時間を過ごせるポイントとなります。

ファングーラオでどんちゃん騒ぎ

IMG_1584ファングーラオの目抜き通りであるブイビエン通りでは、毎夜多くの現地人と旅行客で賑わいます。

深夜営業をしている店も多いので、24時を過ぎても彼らの笑い声はやみません。
ビール缶を片手に、ほろ酔いで町を歩いてみてはいかがでしょうか。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP