ベトナミーズスタイルコーヒー

ベトナムはコーヒー大国でもあります。
何十種類というコーヒー豆が店では売られています。
輸出も世界中にされていて、その主な相手国は欧米が中心です。
もちろん日本にも輸出をしています。
日本ではベトナミーズコーヒーというよりかはブレンドとして扱われていることが多いようです。
そして2012年、ベトナムのコーヒー輸出量は世界で一位となりました。

ここではベトナミーズコーヒースタイルをご紹介したいと思います!

店ではこのような形でコーヒー豆を品定めすることができます。
鼻を近づけると、コーヒー独特の香ばしい匂いがします。
十数種類あるコーヒー豆一つ一つが微妙に異なる匂いがするからとても不思議です。

こちらはお土産に大人気のベトナミーズコーヒーカップです。
使い方は、まずふたを開けて粉末のコーヒー豆を少量入れます。
そして、コップを受け皿にして、熱湯を注ぎます。
底には小さな穴があいていますので、そこからコップにコーヒーがしたたり落ちるというわけです。

しかし、ぜんぶ落ちるまでが長いこと長いこと。
ベトナム人はこの時間は友人と雑談を交わす大切な時間と言っています。


こちらは個人的に一番おすすめです。
ベトナムの有名ブランドが発売している粉末タイプのインスタントコーヒーです。

特徴は3in1です。
つまり、コーヒー、砂糖、ミルクが粉末に入っているので、熱湯を注ぐだけでほんのりと甘いカフェオレです。
とても美味しいコーヒーなので、知人や家族、会社の同僚などに大量購入することもおすすめです。


コーヒー豆は量り売りです。
値段の交渉もできますが、私が買ったときはなぜかほとんど値引きできませんでした。
一応購入するときは、重さを誤魔化されないように、量りの目盛りを確認させてもらいましょう。

こちらはアイスコーヒーwithミルクです。
ベトナム語では「カフェスアダ」と言います。
ベトナム人は一日一杯は飲むというほど好きな飲み物です。
ただし、これが堪らなく甘いです。
飲むときは沈殿したミルクを氷と一緒にかき混ぜて、できるだけ氷を溶かして味を薄めましょう。

ベトナムのお土産に困っているならば、ベトナムコーヒーを迷わず買うべきです。
少なくともはずれはありません。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP