ライスペーパー

ベトナム名物と言えば「フォー」、「生春巻き」などを真っ先に思いつくのではないでしょうか。
フォーも生春巻きも元は米粉から作っています。
ライスペーパーも文字通り原料は米です。

どこにでも売っているので気軽に手に入りますし、お土産として持って帰れば日本でベトナム料理を楽しむことができます。

種類豊富なライスペーパー

ライスペーパーの種類は非常に豊富で、スーパーに行けばライスペーパーのコーナーが必ず設けられています。
白い半透明のライスペーパーはお馴染みのものですが、いま流行っているのはライスペーパーにゴマや小エビなどを混ぜたものです。

皆さんが想像するライスペーパーの食べ方は、おそらく生春巻きのように野菜を巻いて食べるというだけではないでしょうか。
いいえ、ベトナム人はそれだけではありません。

最近流行っているのはレンジで温めたあと火で炙ってそのまま食べるお菓子風味のライスペーパーです。
黒ゴマや小エビ入りのライスペーパーを購入すればそのまま食べても味わいがあります。

またライスペーパーをフライパンにしいて、その上に刻んだ卵、キャベツ、ネギ、ニンジン、バラ肉などを置いて挟めばお好み焼きのできあがりです。
ベトナム人はこのようにライスペーパーの調理方法を次々に発展させています。
道を歩けばその他にもライスペーパーを使ったお菓子を作る露店をたくさん見ることができるでしょう。

ライスペーパーを購入する際の注意点

ライスペーパーはコンビニ、スーパー、市場などどこでも購入することができます。
ライスペーパーは一枚一枚が非常に薄いため、中には割れていたり穴が空いていたりするものも多々見受けられます。

日本のようにどれも同じ品質というわけにはいかないのがベトナムの品質事情です。
購入する際は必ず確かめてみることと、手荷物の中に入れる際は押しつぶされないように上部に入れておきましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP