統一会堂

統一会堂はベトナムのシンボル的存在の観光スポットです。
これ目当てでホーチミンに来た、という旅行客も少なくないはずです。
この緑豊かな土地の中にある大きな建物は旧大統領官邸です。

1975年、長きに渡ったベトナム戦争の果て、ついに戦車がこの官邸に突入して、無血入場をしました。
こうして15年にも渡って続いたベトナム戦争が幕を閉じたのです。
現在でも国賓や会議の際は実際に利用されています。 それ以外は観光客向けに一般公開されています。

部屋の数はなんと100以上!
会議室、応接室、宴会室などの他にダンスフロアや映画館、ビリヤード台など娯楽施設も完備されています。
緊急用のヘリポートもあり、地下室には暗号解読室があります。
また、中には緊急用の秘密の扉もあり、その扉の奥の通路はタンソンニャット空港まで続いているという伝説があります。

官邸内には小さな庭園があって、心が落ち着きます。

ここは図書室です。
さまざまな種類の本を扱っているそうです。

一般公開されている日は連日観光客で満員です。
私が行った時は欧米人の団体もいました。
みなさん興味深げにカメラのシャッターを押しています。

統一会堂は外国人観光客が揃っていく観光スポットであり、ベトナム最大のスポットでもあります。

場所はベトナム1区の中心部にあり、ナムキーゴイキア通りに位置しています。
近くには聖母マリア教会や中央郵便局、ダイヤモンドプラザなどもありますので、行きはタクシーで、帰りは他のスポットまで歩いて行きましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
>
PAGE TOP