9月23日公園

「9月23日公園」は、ベンタイン市場向かいのロータリー横から広がる公園です。
レライ通りと並行し、その先のファングーラオエリアまで続きます。

旅行客にとっては緑豊かな芝生が広がる公園として、現地人にとっては、不定期に開催されるフェスティバルのイベント会場として支持されています。

定期イベント

DSCN76529月23日公園では、定期、あるいは不定期に各種イベントが開催されます。

例えば、アジアンフェスティバル。アジア各国の料理を扱う屋台が100店舗ほど並び、来場者を楽しませてくれます。
また、タイのムエタイ、日本の舞子といった各国の伝統芸も鑑賞することができ、一部は体験も可能。

そのほかにもジャパンフェスティバルやオランダフェスティバルといった、特定の国の単独イベントも不定期に開催されていて、特にジャパンフェスティバルは1年の中でもビッグイベントとなっています。

テト正月前後も大盛り上がり

DSCN7803また、ベトナムの最大のイベントといえば、旧暦で祝うテト正月。
その二週間ほど前から、ベトナムの町は黄色いキンカンの花々で彩られます。

ベトナムでは正月前までに花を買って、自宅の門前に飾るのが習慣。
花は花屋はもちろんのこと、市場や道端でも屋台が出没します。

9月23日公園でもこの時期は辺り一面花が咲き誇り、早朝から花市が開催されます。

また、大晦日から元旦にかけて、年越しのイベントが開催されるのも、毎年こちらの公園。
有名な歌手が歌い、ダンサーが華麗な伝統舞踊で舞い、政府高官の祝辞がされる。

深夜0時を回ると同時に花火が打ちあがり、盛り上がりはピークに達します。この様子はもちろん生放送で放送されるので、ベンタイン市場周辺はバイクで大渋滞となります。

 ファングーラオ向かいは日暮れがおすすめ

ファングーラオ通り向かいのエリアは、日暮れ頃から露店が広がり、現地のベトナム人の憩いの場所へと変わります。
在住外国人がジョギングをしていたり、空手の稽古、バドミントン、エアロビクスといった変哲のない光景を見ることができます。

旅行者にとっては、ベトナムらしい異国の風景にうつるでしょう。
また、夜はアクセサリーやバッグ、サンダルといった服飾雑貨を扱う屋台が多数出てくるので、小さなナイトマーケットを楽しむこともできます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP