トップページ > 観光スポット > ホーチミン市博物館

ホーチミン市博物館

 

ホーチミン市博物館は統一会堂向いの通りを少し越えたところにある白い宮殿風の建物です。
この博物館では抗仏戦争とベトナム戦争に関してのパネル展示をはじめ、当時の生々しい写真を見ることができます。
また、ベトナムで発掘された先住民の遺産の数々や、現在も守り継がれているベトナム文化の一端を垣間見ることができます。

抗仏戦争とベトナム戦争

ベトナムの歴史は戦争の連続といっても過言ではありません。
中国、フランス、アメリカ、そして日本と、ベトナムの豊富な資源を目当てに数々の国が侵略を目論見ました。
中でもフランスはベトナムを統治下に置き、ベトナム戦争では南北の内紛に乗じてアメリカも参戦しました。
戦時中はホーチミン革命家を先導におおくの人が立ち上がり、自由と独立を目標にしてきました。

僧侶が道端で焼身自殺をはかっている写真やベトナム人がアメリカ人兵隊に拿捕されている貴重な写真などをここでは見ることができます。

ベトナム民族と文化

また、森林に覆われたベトナム全土には現在も多くの野生動物がいます。
日本ではピンとこないかもしれませんが、時折野生の虎や象に住民が殺されるニュースも拝見します。
そんな野生動物の生息地を表した地図やベトナム先住民の生活風景が分かる出土品も数多く展示されています。

冠婚葬祭のコーナーではベトナム様式の結婚式を模した模型が展示されています。
チャイナドレスにも似たアオザイを新婦は身に纏い、新郎も一風変わった伝統衣装を纏っています。
何百年も昔から受け継がれているベトナム文化をこの博物館で分かりやすく説明されています。

説明書きは英語とベトナム語ですが、パネルや模型、地図など視覚効果に訴える作りとなっているので英語が苦手な人でも楽しむことができます。

ベトナム人の間ではブライダルフォトプレイスとして人気

旅行客にとってはベトナムの歴史と文化を知ることができる博物館ですが、現地の人たちにとっては博物館と同時にブライダルフォトを撮影する人気の場所ともなっています。

宮殿のような外観、内部はレッドカーペットが敷かれて二階へ通じる階段は吹き抜けの螺旋状になっています。
運が良ければウェディングドレスに身を包んだ美しいベトナム人花嫁も見ることができるかもしれませんよ。
その際は「チュックムン アン チー(おめでとう!)!」と声を掛けてあげてください。

このコンテンツの詳細目次へ
このコンテンツの詳細目次へ