トイレ事情


もはや東南アジア旅行の名物ともいえるトイレ事情。

アジア旅行をしたことがない人でも、その情報は噂として耳に入っているはず。

劣悪なトイレは、ある意味トイレ大国ともいえる日本からすると、原始の時代に還ったかのよう。
それほど汚いです。

今回はベトナムのトイレ事情をご紹介します。

綺麗なトイレ

まずは予想がつくあたりから。

一般の日本人旅行者が不自由なく安心して使えるトイレのある場所は、「高級レストラン」と「中級以上のホテル」、「スパ」、「ショッピングセンター」です。

ショッピングセンターはコープマートのようなローカルスーパーではなく、ビンコムセンターやパークソンといった大型ショッピングセンターのみ清潔です。
ただし、これらのトイレも清潔ではあるものの、トイレットペーパーがなかったり、便座が汚い場合は多々あります。

筆者の場合は、ウェットティッシュで便座を拭いたのち、ポケットティッシュでさらに拭いてからお尻をつけます。
ウェットティッシュとポケットティッシュは常にバッグに2、3パック忍ばせておいた方がいいでしょう。

汚いトイレ

続いて汚い方のトイレ。
こちらは主にベトナム人のみが行くような施設や「ローカルスーパー」、「食堂」、「公衆トイレ」です。

汚いというのはレベルによりますが、デフォルトとしては「紙は一切ない」、「二つに一つは鍵が壊れている」、「便座が汚れきって座る気になれないか、そもそも便座がない」、「足元に汚物およびゴキブリ」などなどが考えられます。

ベトナムは下水インフラがまだ進んでいないので、水洗トイレであっても紙は流せません。
お尻を拭いた紙は、そばにあるゴミ箱に捨てるようにしてください。

日本人よりも前からウォシュレット文化がある

IMG20150204183419信じられないことですが、ベトナムでは、日本でウォシュレットが普及するよりも遥か昔からウォシュレットを利用していた歴史があります。

それは現在でも同じです。
便器のそばには必ずホースがあります。

こちらはトイレ周りを掃除するときだけの利用ではなく、むしろお尻を水で洗うときに使うのがメイン。
ベトナムでは紙でお尻を拭く習慣が昔はありませんでした。

ゆえに、このホースでお尻を洗うのが昔からの習慣となっていました。

また、便座が驚くほど汚かったり、便座自体がないトイレも多々あるのですが、これにも理由があります。

ベトナム人は便座をすぐに汚してしまうので、便座の上に靴を履いたままのって、中腰の体勢で用を済ませるのが一般的でした。
紙はないので、その後ホースを器用に使い、お尻の汚れを洗い流します。

ただし、これは慣れているベトナム人にしかできない芸当なので、日本人には真似しろといわれてもできるものではありません。
トイレがしたくなったときは、上記で紹介した清潔なトイレを提供してくれる場所を探すようにしましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP