店での支払方法

日本では食事を終わった際、お会計のときは、ビルを持ってレジに向かいますね。
ではベトナムでも同じ振る舞いでいいのでしょうか。

また、日本ではあらゆるものを現金(キャッシュ)で支払う習慣が根付いています。
しかし、ここは外国。

必ずしもオールキャッシュの必要はありませんし、支払い方法も人それぞれです。

今回は、ベトナムの店での一般的な支払い方法をご紹介します。
当たり前と思って勉強していなかった方は、もしかしたらこの記事を読んで、「えっ、そうだったの?」と思い直すこともあるかもしれません。

テーブルで支払う

IMG_7445まず、最初に日本とのギャップを感じるのは、「支払いはテーブル席にて行う」というものです。

食事を終えたら、手を挙げて従業員を呼び、チェックをしてもらいます。
手ぶりペンで書く素振りをみせてもいいですし、英語で「check(チェック)」、「pick up bill(ピックアップビル)」といっても簡単に通じます。

そのあと、従業員がビルを持ってきてくれますので、その場で会計をします。
お釣りがある場合は席に座ったままでいれば持ってきてくれます。

選べる支払い方法

IMG_8382また、外国人旅行客慣れしているレストランや、高級レストランなどでは、会計の際には支払い方法を尋ねられることがあります。

よく聞かれるのは、「キャッシュ or カード?」です。
キャッシュは現金、カードはクレジットカードです。

クレジットカードでデヴィッドカードをお持ちの方は、カードで支払い後、すぐに銀行から引き落とされるので、預金残高を確認しやすくておすすめです。

また、カードで支払う場合は、金額を必ず確認するようにしてください。
ベトナムはゼロの桁が多いので、間違うととんでもない金額を請求されるおそれがあります。

トラベラーズチェックは使用できない?

欧米旅行によく行かれる方の中には、トラベラーズチェック(TC)を頻繁に利用しているという方もいるでしょう。
実際のお金ではないので再発行が効きますし、世界共通なので、どこの国でも使うことができます。

また、お釣りは現金でもらうことも可能なのも強みの一つですね。

しかし、あいにくベトナムではトラベラーズチェックはほとんど流通していないといっていいでしょう。
筆者も試したことはありませんが、おそらくほとんどのお店(高級レストラン含む)がトラベラーズチェックでの支払いを拒否することかと思います。

現金は円でもOK?

基本、キャッシュで支払う通貨はベトナムドンとなります。
ただし、お店によってはドルでの支払いも可能ですし、また日本人贔屓の店では日本円での支払いも可能。

ただし、ベトナム政府はベトナムドンでの支払いを推奨しているので、ベトナムドン以外の通貨での支払いを拒否する店も多くあります。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP