列車を利用するときとは

ホーチミン旅行で気を付けなければならないのが、「列車は通っていない」ということです。
日本のように市内を電車が走っているわけではないことは覚えておきましょう。

列車は遠方で利用

IMG_3783ベトナムでは、現在遠距離列車のみ運行しています。

例えばホーチミンから中部、および北部ハノイまで行くときは、南北統一鉄道。
ホーチミンからニャチャンまで行くときはゴールデントレインといった具合に、すべて長距離運転となります。

ただし、ホーチミンからハノイまでは車中泊を余儀なくされますし、中南部ニャチャンまでも寝台列車で11時間。
とても気軽に利用できるとはいえません。

それもそのはず。
ベトナムの列車はまだ電化区間がありません。

つまり、電車ではなく機関車となります。
ですので、時速は50kmから、どんなにスピードが出ても70kmを超えません。

現在ではベトナム人もしくはバックパッカーがよく利用しています。

列車を利用するならサイゴン駅

IMG_3770サイゴン駅はホーチミンの中心からやや北上した場所に位置しています。

敷地内にはロッテリアやカフェ、軽食を売る売店などがあります。
チケットは2階の窓口で購入することができます。

駅の入口には時刻表とまもなく発着する列車の時刻看板が立っています。
プラットフォームにはチケットがないと入れません。

列車内での過ごし方

車内には売店はありますが、売っているのはサンドウィッチやポテトチップス程度。
大したものはありませんので、旅のお供は事前に調達しておきましょう。

途中駅の売店で軽食を購入することもできますが、いつ出発するかは分かりませんし、特にアナウンスもありません。
寝台列車の場合、荷物は必ず枕元に置いて、眠るときも貴重品は手に触れるようにしましょう。
また、移動するときも、必ず貴重品は持って歩いてください。

各車両の接続場所は喫煙所になっていて、灰皿があります。ルールを守らないベトナム人も多いですが、寝室は禁煙ですのでご注意を。

最近はチケットを購入する際、パスポートを求められることがあります。
ツアーデスクでチケット購入の代行をしてもらえるかは五分五分となります。

状況はよく変わりますので、実際は当日確認するようにしましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP