社会主義国であることを理解する

ベトナムは現在では数少ない社会主義国です。
近代に入ってドイモイ政策によって外資を受け入れるようになりましたが、現在でも警察は政府直轄であり、依然として公安、役所の人間は高い権力を誇示しています。

社会主義国は基本閉鎖的で、外国人に対して寛容ではありません。
観光旅行中は基本社会主義を感じさせる場面はありませんが、時として思わぬ落とし穴があることも覚えておいてください。

警察に捕まった場合

警察はベトナムでは公安と呼ばれていて、緑色、もしくはクリーム色の制服を着ています。
例えばバイクをレンタルして走らせていると、何のルール違反をしていないくともクリーム色の制服を着た警察に呼び止められることがあります。

ベトナムは国際免許証の適用外の国であり、ベトナム独自の免許を持っていなければ運転してはいけません。
また、バイクも個人所有のものでないと罰金の対象となります。
つまり、ベトナムにおいて個人財産を持てない外国人に対してはいくらでも理由をつけて罰金を徴収することができるのです。

公安は政府直轄の人間なので、彼らと揉め事を起こすことはここベトナムでは好ましくありません。
罰金で済むのであればお金を払って見逃してもらいましょう。

事件に巻き込まれないように

ベトナムは基本治安は良い事でしられていますが、中にはマリファナや麻薬、賭博行為、風俗を促す悪徳集団もいます。
これらはすべてベトナムの法律によって禁じられて、特に麻薬の類に手を出すと最高で死刑になってしまいます。
例え外国人旅行者であってもベトナムの法律に従わなければなりませんので、これらの行為は絶対にしないでください。

パスポートが命

外国で自分を証明するものはパスポートしかありません。
このパスポートを盗まれたり紛失したりすると大変なことになります。
そのため、パスポートはホテルに預けておくか、部屋のセーフティボックスに保管しておきましょう。
レンタバイクを借りるときはパスポートが必要ですが、極力コピーで済むお店を探してください。

最終手段は賄賂に頼ろう

依然としてベトナムでは賄賂が尽きません。
しかし、旅行客にとってはこれは良くも悪くもです。

先に説明したようにバイクで運転中公安が罰金と支払うように要求してきます。
このとき公安側が領収書を渡さないようであれば、それは賄賂になりますので交渉ができます(笑)

また、ありがちな違法行為は風俗です。
旅先だからと言ってハメを外さないように十分注意して下さい。

ただし・・・

もしも無用な疑いをかけられたり、意図せずにトラブルに巻き込まれてしまったら、お金を払うことで逃れられる場合もあります。
(大体200ドルから500ドル渡せば見逃してくれます。)

このように状況によっては社会主義を実感せざるを得ない場合があります。
そもそもトラブルに巻き込まれないように行動することが第一ですが、豆知識としてそんな社会背景があるということを知っておくといいかもしれません。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP