ラウンドアバウトに注意

ベトナムの都心部では、ラウンドアバウトと呼ばれる日本ではあまり見慣れない交差点があります。

特にホーチミンはベトナム最大の都市。
交通量の多い場所はラウンドアバウトになっているので、歩行の際は細心の注意が必要です。

ラウンドアバウトとは

旅の目的を明確にするラウンドアバウトは中央島があるロータリー。
ホーチミンではかつての英雄や将軍の像が建っていることが多いです。

円形のロータリーからは道が3本から4本ほど派生していて、車やバイクは一定の方向に流れて、目的の通りに走り抜けます。ベトナムでは古くからラウンドアバウトの交差点はありますが、交通量が多いところでは、やはり事故もよく見かけます。

特に多いのは、バイクが流れから脱出しようと外周に出ようとしたときにバイクや車にぶつかるケースです。

バイクタクシーを利用するときは、気を付けなければなりませんね。

歩行の際は必ず横断歩道を

この手の交差点を渡る際は、必ず横断歩道を利用してください。
また、バイクは見切り発車が多いので、信号が青になっても左右をしっかりと確認して横断してください。

ホーチミン中心部では、緑色の制服を着た警官風の方に頼めば、横断するのを手伝ってくれます。
横断歩道がない場所では利用するようにしましょう。

バイクや車は止まってくれないことを覚えておく

日本では道路は歩行者の者。
バイクも車も歩行者を最優先してくれます。

しかし、ここベトナムでは違います。
特にホーチミン人は気質が荒いことで知られています。

一般的にベトナムでは、歩行者の方がバイクや車に注意しなければなりません。バイクも車も歩行者を避けてはくれますが、止まってはくれません。

ゆっくりと歩くか立ち止まるかして、走ったり戻ったりしてはいけません。
怖ければほかの歩行者を待ちましょう。

「みんなで渡れば怖くない」はベトナムでも通じます(笑)

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP