ホーチミンの定番名物料理


ベトナムの名物料理と言えば、やはりフォーです。
米粉を原料とした麺で、日本でも食べることができるベトナムの代表料理ですね。
この米粉をスライス状にすると、ライスペーパーとなり、いわゆる生春巻きとなります。

このようにベトナム料理は非常にヘルシーなので、女性には特に人気があります。
ここではそんなベトナム料理を代表する名物をご紹介したいと思います。
ホーチミンに来たら、必ず食べておきましょう。

フォー


言わずと知れた名物料理です。
露店、レストラン、フードコートとどこにでも売っている現地人の庶民的料理です。
実はフォーはダシに手間がかかるため家庭ではほとんど作りません。
ですのでフォーの専門店があちらこちらにあります。
お店によって味も食感も異なりますので、是非2度3度と足を運んでみてください。

生春巻き

生春巻きはライスペーパーで野菜や香草、豚肉、エビなどを巻いたものです。
つけダレはお店によってことなりますが、たいていはヌクマムか味噌をつけて食べます。
野菜は生なので、しっかりと水気を振ってから巻きましょう。

ミーサオ

ミーサオは日本語で「焼きそば」です。
野菜と一緒に炒めた麺にヌクトゥと呼ばれる醤油をつけて食べます。
日本の焼きそばよりも薄味ですが、とても美味しいのでこちらも欠かせません。

チャカー

チャカーは魚のすり身を揚げたかまぼこのような食べ物です。
こちらも庶民の代表料理で、ベトナムの名物となっています。
主食ではありませんので、サイドメニューとしてお楽しみください。

今回ご紹介したベトナム料理はホーチミンを歩いていると必ず見つけることができる料理です。
是非ベトナムの名物料理を余すことなくご堪能ください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP