目的別ホーチミンの歩き方

ベトナム旅行にホーチミンを選んだ方は、まずホーチミン観光の目的を決めるところからはじめましょう。
ホーチミンには世界遺産がない代わりに、博物館やエステ、マッサージ、ショッピングなどが充実しています。

旅の目的によってホーチミンの楽しみ方が異なりますので、最初の段階で計画を立ててみてください。

観光スポット巡り

こちらは主要観光スポット及び博物館巡りのコースとなります。
統一会堂」、「聖母マリア教会」、「ベンタイン市場」、「ホーチミン博物館」、「永厳寺」などがメインどころです。

各スポット間はほぼ歩いていける範囲です。
場合によってタクシーを利用しますが、初乗りもしくはワンメーターほどで行けるところばかりです。
ほとんどのスポットはホーチミン中心市街地に点在しているため、移動も苦労しません。

また、各スポットの入場料も200円以内なので、予算も少なめで済みます。
ただし、滞在日数を3泊以上予定されている方は、観光スポット巡りだけだと飽きてしまうかもしれません。

異国の雰囲気を感じながら、道中カフェに立ち寄ったりして穏やかな時間を過ごしてください。

雑貨巡り

ホーチミン中心部にはベンタイン市場をはじめとして多くの雑貨ショップで溢れかえっています。
トラベルガイドブックに掲載されている雑貨ショップもこの中心界隈になりますので、梯子して買い物三昧することができます。

可愛い洋服、洒落たアクセサリー、オーダーメイドのアオザイ、種類豊富なベトナム雑貨など、欲しいものは尽きません。
観光モデルコースの中では一番出費が激しいので、よく予算を考えて買い物をしてください。

ベトナム料理食べつくし

「フォー」、「バインセオ」、「生春巻き」などベトナムには名物料理が多々あります。
中には日本では決してお目にかかれないような珍味もあり、それらも楽しみたいところです。

旅行客が行くようなレストランは一品あたりの料金が非常に高く、屋台だと100円で食べられるフォーもレストランだと300円、400円は当たり前です。

もしベトナム料理を余すことなく堪能したいのであれば、屋台、もしくは現地人が通うような食堂を梯子してみてはいかがでしょうか。
案外レストランよりも美味しく本場の料理を食べることができるかもしれませんよ。

◇フォーに注意を!

ベトナム名物の「フォー」は米粉で作った平たい麺です。
しかし、ベトナムにはフォー以外にもたくさんの麺料理があります。
例えば「ブンボーフエ」、「ブン」、「フーティウ」などどれも見た目はフォーと変わりありません。
自分の食べたい料理を明確に店員に伝えてください。

さまざまな楽しみ方があるのがホーチミンの魅力です。
是非、後悔しない旅にしてください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP