ホーチミンを知ろう

このサイトではベトナムの誇る最大観光都市であるホーチミン市の魅力を余すことなくご紹介します。 ベトナムの観光情報をはじめ、ホーチミンの歴史、名物料理、お土産を知ることによって、よりホーチミンの旅行を有意義なものにしていただければ嬉しい限りです。

さらに、他の観光旅行サイトとは異なる当ホームページの特徴として、ホーチミンの各道も写真付きで紹介しています。 地図を片手にとっても慣れない土地を歩くのは難しいところ。 ここではホーチミンの歩き方を学ぶことによって、現地に赴いたときスムーズな観光巡りができることでしょう。

このサイトを一から十まで読めば、ホーチミン観光のすべてを知ることができます。 これからホーチミンへ観光旅行を計画している方にとっては特に重宝する情報が詰まっていますので、是非目を通してから現地へ足を運んでください。

ベトナム最大の観光都市ホーチミン

ベトナム最大の観光都市ホーチミン ベトナムは北部に首都ハノイを置く縦に長い国土を置く東南アジア諸国の一角です。 その中でも南部に位置するホーチミンはベトナムの誇る最大の商業都市、そして観光都市として旅行客に絶大な人気があります。 近…

>>このページに移動する

市内の移動手段

市内の移動手段 海外旅行をする上で、まず確認しなければならないのが、「現地の移動手段」ですね。「基本は電車でしょ?」と考えている方は、ちょっと危険です。現地に赴く前に、きちんと情報収集しましょう。 ホーチミン…

>>このページに移動する

ラウンドアバウトに注意

ラウンドアバウトに注意 ベトナムの都心部では、ラウンドアバウトと呼ばれる日本ではあまり見慣れない交差点があります。 特にホーチミンはベトナム最大の都市。交通量の多い場所はラウンドアバウトになっているので、歩行の際は細…

>>このページに移動する

列車を利用するときとは

列車を利用するときとは ホーチミン旅行で気を付けなければならないのが、「列車は通っていない」ということです。日本のように市内を電車が走っているわけではないことは覚えておきましょう。 列車は遠方で利用 ベトナムでは、現在…

>>このページに移動する

市内を網羅するバスの乗り方

市内を網羅するバスの乗り方ベトナム人においてバスは貴重な庶民の足。市内を走るバスは、始発から終点まで乗っていても5000ドン(約15円)程度。 学生からお年寄りまで気軽に乗れるバスですが、これに乗って「バスのローカル旅」を考えて…

>>このページに移動する

ビジネスアワー

ビジネスアワー「お目当てのお店に行ったけど、営業時間外だった……」せっかくの海外旅行でこのような目にあったら残念ですね。 今回は、ホーチミン市内中心の施設の一般的なビジネスアワーをご紹介します。 ビジネスアワー …

>>このページに移動する

ホーチミンの歴史。昔はサイゴンだった

ホーチミンの歴史。昔はサイゴンだった ホーチミンは1960年から1975年まで長きに渡ってベトナム戦争が続いていました。 第二次インドシナ戦争とも呼ばれているベトナム戦争はベトナム人にとって過酷で残酷な記憶となり、現在でもその爪跡が残…

>>このページに移動する

ホーチミンの定番名物料理

ホーチミンの定番名物料理 ベトナムの名物料理と言えば、やはりフォーです。 米粉を原料とした麺で、日本でも食べることができるベトナムの代表料理ですね。 この米粉をスライス状にすると、ライスペーパーとなり、いわゆる生春巻きとなり…

>>このページに移動する

ホーチミンはこうやって歩く

ホーチミンはこうやって歩く ホーチミン観光の初歩的なことですが、まず観光巡りをするにあたって、地図は欠かせません。 現地で買うのもいいですが、日本から持ってきたトラベルガイドブックに載っている地図を参考にしてもいいでしょう。 …

>>このページに移動する

ホーチミン観光のおすすめシーズン

ホーチミン観光のおすすめシーズン 縦に長い国土を持つベトナムは北部と中部、南部の3つにエリア分けすることができます。 北部では東南アジアでは珍しく四季があり、冬に該当する時期は肌寒く感じ、厚手の上着が必要となるでしょう。 しかし、南…

>>このページに移動する

ホーチミンの過ごし方

ホーチミンの過ごし方ホーチミンの過ごし方は多種多様です。 自分は観光地巡りに重点を置くのか、ベトナム料理を食べつくしたいのか、またはカフェでのんびりとした時間を過ごしたいのか等々、その人の過ごし方によって楽しみ方は大き…

>>このページに移動する

目的別ホーチミンの歩き方

目的別ホーチミンの歩き方 ベトナム旅行にホーチミンを選んだ方は、まずホーチミン観光の目的を決めるところからはじめましょう。 ホーチミンには世界遺産がない代わりに、博物館やエステ、マッサージ、ショッピングなどが充実しています…

>>このページに移動する

社会主義国であることを理解する

社会主義国であることを理解する ベトナムは現在では数少ない社会主義国です。 近代に入ってドイモイ政策によって外資を受け入れるようになりましたが、現在でも警察は政府直轄であり、依然として公安、役所の人間は高い権力を誇示しています。…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
PAGE TOP