中華街 5区 チョロン

ホーチミンからタクシーで15分から20分ほど走った先にあるのが中華街です。
華僑の人々も多くいて、ここら界隈に住むベトナム人はベトナム語と同時に中国語も交わされます。

チョロンとはベトナム語で「大きい市場」を意味しています。
チョロンは地名ではなく、5区にある中華街エリアの愛称として呼ばれています。

このエリアでは西洋風の洒落たカフェはなく、その代わりに黄金の龍の像が安置されている公園や中国様式の寺院などが数多く建てられています。

5区郊外には「覚林寺」というホーチミン市最古のお寺もありますので、是非立ち寄って見学ください。

ただし、横浜の中華街のような町並みを想像してはいけません。
日本の中華街は異常とも言える清潔さ、都会さが漂っていますが、ここチョロンではそのようなものは一切ありません。

中華料理は美味しいのですが、露店で食べる際は衛生面に極力気をつけなければなりませんし、お手洗いは借りることができるものの、正直トイレを見てびっくりします。

トイレは和式で、紙はなく、用をたしたあとは傍の桶で水を便器に流しこみます。
できればチョロンに行く前にお腹の調子は完璧にしたいところです。

その他のチョロンの見所としては「ビンタイ市場」という多きな市場があります。
規模自体はベンタイン市場とさほど変わらないのですが、観光客向けではなく、現地人の台所なのでローカルの香りが漂っています。
買い物というよりかは、市場を歩いて楽しむ感覚で満喫ください。

また、チョロン周辺は貧困層区域でもあるため、外国人に対するスリやひったくりの被害も報告されています。
ポーチを肩からたすきがけでぶらさげていると、あっという間にひったくられてしまいますので、貴重品はポケットに入れておきましょう。
また、アイフォンなどの高価な携帯電話も狙われる対象となりますので、お気をつけください。

さらに、チョロン周辺にあるマッサージ店はほぼすべてが性的マッサージ店ですので、男性の方は注意が必要です。
くれぐれも恋人と中に入らないように(笑)

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP