フェリーでビーチリゾート 港町ブンタウ

ホーチミン中心のドンコイ通りを海側に進むとトンドゥックタン通りに当たります。
この通りにはフェリー乗り場があり、片道20万ドン(800円程度)ほどでビーチリゾートのブンタウに行くことができます。
日帰りでも一泊でも楽しめる観光地エリアとして、外国人旅行客、現地人ともに人気があります。

ブンタウの楽しみ方

楽しみ方は寺院を巡ったり、海沿いをバイクで走ったり、海鮮料理を堪能したりと様々です。
もちろん海水浴もできます。
「ベトナムの熱海」と日本人からは呼ばれていて、どこも都会臭さがなく、ローカルの香りが漂っています。

ホーチミンでもシーフード料理は食べることができますが、鮮度が悪いので、美味しいシーフード料理を堪能したい方はブンタウがおすすめです。
エビやシャコ、タコ、魚、カキなどすべて量り売りです。
生きた魚介をその場でさばいてくれるので鮮度も高く、新鮮でどれも舌鼓を打ちます。

歩き方としては、バイクをレンタルすることがおすすめです。
レンタルの方法は二つあり、一つはホテルでレンタルする方法です。
ただし、フェリー乗り場からホテルが密集しているエリアまでは少し距離がありますので、フェリー乗り場でバイクをレンタルすることもおすすめです。

ブンタウのフェリー乗り場にはベトナム名物の「セーオム」と呼ばれるバイクタクシーが大勢観光客を待ち構えています。
その人にバイクをレンタルしたい旨をいうと、1日20万ドン程度で貸してくれます。
その代わりデポジット代わりに数百ドル、もしくはパスポートをとられる場合がありますので、もし恐い場合はホテルで借りましょう。

数年前まではブンタウは現地人の避暑地として人気がありましたが、最近では外国人観光客も多く、それに伴ってアミューズメントパークなどの観光施設も建設中です。
トラベルガイドブックは1年前から2年前の情報ですので、リアルタイムで観光情報を知りたい方は現地で情報収集をしましょう。

ブンタウで一泊される方は、是非ナイトマーケットに足を運んでください。
去年までは海沿いに夜店が建ち並んでいましたが、公安(警察)が整備をはじめたため、一区画に夜店を集めることによってナイトマーケット化しました。
ナイトマーケットにはステージもあり、毎夜ダンサーや歌手が歌を披露しています。
そのステージを囲むように夜店が並んでいます。

日帰りでも十分楽しめるので、ホーチミン観光の延長線としてブンタウへ訪れてみてはいかがでしょうか。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP